2年前、弊社の長野県富士見町研究所から移動してきたウォータージェット。簡単に言えば

水でなんでも切ってしまうすごいヤツ!なのですが、菊川工場ではどうやって活用していいかわからない

手持ち無沙汰のヤツ!なのです。つまりどこでどのような用途で使われるのがベストなのか把握できず

2年が経過。でも最近取引させてもらっているI商社(静岡市)よりカーボンを切るお仕事が

ボチボチ入り始め・・・。航空機産業では活躍できるらしいので、何か切ってほしいものがあれば

是非弊社までお問合せください。オリジナルのこーんなかっこいい表札や看板も作れますよ~。

DSC07035 DSC07571