先月のブログで、2000年から頑張ってくれた熱処理ロボット1号にさよならし、先週より2号がいよいよ始動。

1号のような芸術的な滑らかな動きがなかなかできず、始動が遅れてしまった。ロボットのプログラムを

担当してくれた会社に聞くと、以前のロボットは滑らかな動き=無駄な動きも多かったというが・・・。

優雅に美しく動くロボット1号と、基本にそって動くロボット2号。熱処理炉に製品を運ぶ役割を担っているのだが

2号君にも末永く頑張ってほしい。