よくある質問
1. アルミの鋳物を作ってみたいと思います。試作は可能でしょうか?
可能です。1番安い方法を提案いたします

2. アルミの鋳物を作ってみたいと思います。小ロットは可能でしょうか?
可能です。最も安い方法を提案いたします

3. 図面がなくてもできますか?
マンガでも寸法があればOKです

4. 機械加工もできますか?
弊社はアルミホイールの加工が主ですが、他の品物の加工も可能です

5. アルミの比重はどのくらいですか?
鉄の1/3です。鉄と同じ強度にしても約30%軽くなります

6. アルミは錆ますか?
鉄の錆は進行しますが、アルミの錆の進行はゆっくりです

7. 鋳造製品の大きさはどのくらいまで可能ですか?
弊社では300g~50kgまでです。大きさ1,000×1,000×250Hです

よくある技術相談
1.アルミ鋳物の経済的な数量はどのくらいでしょうか?
砂型:1個~100個 月産50個以下
金型(低圧鋳造含む):月産50~1,000個
ダイキャスト:月産1,000個以上

2.熱処理の目的は?
材料の強さ、延性を50%位向上させることができます

3.熱処理の可能な合金は?
AC1種、2種、4種系です

4.熱処理できない合金は?
3種、7種系です

5.鋳物の熱処理方法は?
安定化(歪取)処理(T5)
焼入、焼戻し処理(T6)

6.鋳造品の歪はどこで発生しますか?
鋳造後の常温までの冷却工程と熱処理での焼入工程です

7.製品の歪はどの工程で修正しますか?
熱処理焼入後、12時間以内にプレス等で矯正、その後時効(焼戻し)処理します

9.アルミの錆を防ぐには?
一般には塗装、またはアルマイトをします

10.中空の製品を作りたいのですが
中空部を砂で造形し、鋳造後砂を取り出します

11.アルミ鋳造温度は?
材質により650℃~750℃です

12.アルミと砂と混じりませんか?
比重の差で砂は浮きます。アルミ2.7、砂1.7