本日より仕事はじめ。

今年は、お正月から災害があり、なんとも暗い年明けとなってしまった。

被災地のライフラインが早く復旧し、安心できる生活に戻れますように・・・。

我が家もお正月飾りを昨日片づけて、近くの神社でのどんど焼きにお札や

お飾りも持っていった。

しめ縄や門松。最近では、飾らないお宅も多い気がする。

息子がお世話になっている学童保育所でも、毎年、指導員さんが教えてくれて

しめ縄を作って持ち帰る。なんと昨年末は、門松までも作って持ってきた(写真)

いびつな形だが、世界に一つ。私も毎年、少しずつ上手になっているしめ縄を

楽しみに待っている。

学童の新年は、臼と杵で餅つき。夏は全員でキャンプ。火起こしを教えてもらったり、

藍染をしたり、梅酒造り、竹の流しそうめん・・・。数えきれないほどの

体験をさせてもらえる。この経験は絶対に将来、役にたつし、何よりも素晴らしい

思い出となるに違いない。

もちろん、親たちの協力も必要で、全国では珍しく保護者が経営しているのだ。

役員は大変だが、行事に賛同している保護者が役員を立候補したりと協力的に

運営されている。指導員さんも積極的に行事を行ったり、日々工作をしたり、

おやつを作ったり、子供と泥だらけになって遊んでくれて本当に感謝。

こんなすてきな学童。今年はどんな遊びをするのか、私が子どもだったら入りたかった(笑)

息子にとっては第二の我が家。高学年だけで行くキャンプも楽しみにしてる。

そして、新年会で披露するけん玉の練習を一生懸命しているが全然うまくならず・・・。

本番頑張って!